応答の最適化機能の分析オプションの指定

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 応答の最適化機能 > オプション詳細は保存モデルの概要を参照してください。

制限

連続変数およびカテゴリ変数を特定の値に固定、または可能性のある値の範囲に制限できます。

要因計画の共変量は特定の値に固定する必要があります。デフォルトでは、共変量の平均の値が設定されています。一般線形モデルの共変量は、制限しないか制限するかのいずれかになります。

変数
モデルに含まれているすべての変数を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
制限
各変数では、制約なし値で保持、または領域に制約を選択します。一般線形モデルの共変量には、平均で保持の追加オプションがあります。
固定値
値で保持を指定した変数ごとに、変数を固定する値を入力します。変数設定のこの値は、適合値を計算するために使用します。
最小値
領域に制約を指定した変数ごとに、最小値を入力します。Minitabは、この値以上の値を選択します。
最大値
領域に制約を指定した変数ごとに、最大値を入力します。Minitabは、この値以下の値を選択します。

開始値

アルゴリズムが許容可能な結果を生成する場合、検索アルゴリズムの開始点を入力することで、結果の改善を試みることができます。
変数
適合モデルに含まれているすべての連続変数を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
開始値
連続変数ごとに値を入力します。値は、この変数の最小観測値と最大観測値の間になければなりません。変数の制約を入力する場合、開始値は制約を満たす必要があります。変数の固定値を指定する場合、開始値は入力できません。

全区間の信頼水準

係数と適合値の信頼区間の信頼水準を入力します。

通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、母集団から100個のランダムサンプルを採取した場合、サンプルのうちおよそ95個の信頼区間に平均応答が含まれることを示しています。与えられたデータセットにおいて、信頼水準の値を低くすると信頼区間が狭くなり、信頼水準を高くすると信頼区間が広くなります。

信頼区間を表示するには、結果サブダイアログボックスに移行し、結果の表示から拡張表を選択します。

信頼区間のタイプ

両側区間か、片側限界かを選択できます。信頼水準が同じ場合、両側区間の限界よりも片側限界の方が点推定に近くなります。上限は、下限になる可能性のある値をもたらしません。上限を指定する場合、下限はありません。下限を指定する場合、上限はありません。

たとえば、水に含まれる溶解固形物の濃度に対する推定平均値が13.2 mg/Lだとします。複数の将来観測値の平均の95%の信頼区間は12.8 mg/L~13.6 mg/Lです。複数の将来観測値の平均の95%の上側信頼限界は13.5 mg/Lとなり、これは予測平均により近いため、より正確です。
両側
  • 両側信頼区間を使用して、平均応答の可能性のある上限値と下限値の両方を推定します。
  • 両側予測区間を使用して、将来の単一観測値の可能性のある上限値と下限値を推定します。
下限
  • 下側の信頼境界を使用して、平均応答になる可能性のある下限値を推定します。
  • 下側変数予測境界値を使用して、1つの将来観測値になる可能性のある下限値を推定します。
上限
  • 上側信頼境界値を使用して、平均応答になる可能性のある上限値を推定します。
  • 上側変数予測境界値を使用して、1つの将来観測値になる可能性のある上限値を推定します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください