応答の最適化機能の限界値、重み、重要度を指定する

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 応答の最適化機能 > 設定詳細は保存モデルの概要を参照してください。
各応答の限界値の指定に関する詳細は、応答の最適化機能における目標値、下限、上限の設定を参照してください。
応答
最適化に含まれるすべての応答を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
目的
各応答に指定する目標を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
最小値
各応答が目標値または最大化の目標を持つ場合、下限値を入力します。デフォルトでは、データの最小値が使用されます。
目標値
各応答の目標値を入力します。特定の値を達成することが目標の場合、目標値は、メインダイアログボックスに入力したものです。応答を最小化することが目標の場合、デフォルトでは、Minitabは、目標値をデータの最小値に設定します。応答を最大化することが目標の場合、Minitabは、目標値をデータの最大値に設定します。
最大値
各応答が最小化または目標の目標を持つ場合、上限値を入力します。デフォルトでは、データの最大値が使用されます。
重み
望特性関数の形状を決める値を、0.1~10の範囲で入力します。詳細は応答の最適化機能の重みを決定するを参照してください。
重要度
0.1~10の値を入力して、応答の相対重要度を指定します。詳細は応答最適化における重要度とはを参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください