比較の分析のオプションを選択する

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 比較 > オプション
信頼水準

信頼水準を入力します。信頼区間は、フィッシャー法の個別信頼水準であり、他のすべての比較法では同時信頼水準となります。詳細は、多重比較における個別および同時信頼水準を理解するを参照してください。

通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、母集団から100個のランダムサンプルを採取した場合、サンプルのうちおよそ95個の信頼区間に平均応答が含まれることを示しています。与えられたデータセットにおいて、信頼水準の値を低くすると信頼区間が狭くなり、信頼水準を高くすると信頼区間が広くなります。

区間のタイプ
メインダイアログボックス比較のタイプから対照群を使用を選択した場合、信頼区間のタイプを選択できます。信頼水準が同じ場合、両側区間よりも限界の方が点推定に近くなります。上限は、下限になる可能性のある値をもたらしません。下限は、上限になる可能性のある値をもたらしません。
  • 両側:処理平均が、いずれかの方向の対照群平均とは異なるかどうかを判断します。区間には、処理平均と対照群平均の差が含まれる可能性があります。
  • 下限:処理平均が、対照群平均よりも大きいかどうかを判断します。処理平均と対照群平均の差は、下限よりも大きい可能性があります。
  • 上限:処理平均が、対照群平均よりも小さいかどうかを判断します。処理平均と対照群平均の差は、上限よりも小さい可能性があります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください