比較のデータを入力する

Minitabでこの分析を実行するには、モデルの適合に使用したメニューから 比較

応答を指定するには次の手順を実行し、複数の比較方法を選択します。

  1. 応答から応答変数を選択します。

    同じ分析から得られる最新モデルを持つ応答変数のみが一覧にあります。必要な応答を確認できない場合、モデルを再適合します。詳細は保存モデルの概要を参照してください。

  2. 比較のタイプから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • ペアワイズ:選択した項と項の平均のすべてを比較します。
    • 対照群を使用:処理平均を対照群平均と比較します。この方法が好ましい場合、ペアワイズ比較は信頼区間が広すぎて使用するには非効率的であり、仮説検定は、指定された同時信頼区間に対して効果的ではなくなります。
  3. 方法で、使用する比較方法を1つ以上選択します。
    • Tukey:同時信頼水準を制御しながら、全てのグループペアを比較します。テューキーの方法は、対照との比較を選択した場合には利用できません。たとえば、プラスチック製造企業はテューキーの方法を選択して、95%の同時信頼水準を維持しつつ、プラスチックの5種類の強度を比較します。
    • Fisher:個別信頼水準を制御しながら、すべてのペアのグループを比較します。フィッシャーの方法は、同時信頼水準を制御せず、容認不可能なレベルまで低下することが多いため、テューキーの方法と比べて一般的ではありません。たとえば、プラスチック製造企業はフィッシャーの方法を選択して、95%の個別信頼水準を維持しつつ、プラスチックの5種類の強度を比較します。分析後、出力は、同時信頼水準が71.73%であり、低すぎることを示します。
    • Dunnett:同時信頼水準を制御しながら、処置平均と対照群の平均を比較します。ペアワイズ比較を選択する場合、ダネットの方法は利用できません。対照との比較の場合、ダネットの方法は通常、ボンフェローニとシダックの方法よりも効果的です。たとえば、プラスチック製造企業はダネットの方法を選択して、現在使用している4つの新しいプラスチック配合の強度を比較します。
    • Bonferroni:同時信頼水準を制御しながら、グループを比較します。
    • Sidak:同時信頼水準を制御しながら、グループを比較します。
  4. 比較の項を選択内で、比較する項を選択します。
  5. 比較のタイプから対照群を使用を選択する場合、比較のために指定する各因子の制御水準を対照水準で選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください