比較の混合効果モデルの対照との比較の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

混合効果モデルの対照と比較するダネットの方法

平均値の差に対する100(1 − α)両側信頼区間は次式を持ちます。

対照との多重比較の場合、片側区間も計算されます。

上限
下限

適合平均値と差の標準誤差を計算する方法については、混合効果モデルを適合の適合平均を求める方法と計算式を参照してください。

検定統計量、調整済みp値、個別信頼水準、グループ化情報表の計算は一般線形モデルの計算と一致します。詳細は一般線形モデルの比較の方法と計算式を参照してください。

棄却値

棄却値は次式を持ちます。
ダネットの方法に関する詳細は、次の参考文献を確認してください。
  1. Dunnett, C. W.(1995年1月1日)、「A multiple comparison procedure for comparing several treatments with a control」『Journal of the American Statistical Association』第50巻、1096-1121頁
  2. J.C. Hsu(1996年)、『Multiple Comparisons: Theory and methods』、Chapman & Hall
用語説明
上限の、ダネット法で事項を用いて提案する分布の百分位自由度の比較
α第1種の過誤を発生する同時確率
k固定効果項またはランダム項の水準数
df自由度

自由度は、固定効果項の比較なのか、ランダム項の比較なのかによって変わります。

自由度(DF)

固定効果項では、自由度(DF)は対応する固定効果項の検定の自由度と同じです。ランダム項では、サタスウェイトの近似法を自由度に使用します。

自由度の計算に関する詳細は、混合効果モデルを適合における固定効果の検定の方法と計算式を参照してください。

混合効果モデルの対照と比較するフィッシャーの方法

平均値の差に対する100(1 − α)両側信頼区間は次式を持ちます。

対照群との多重比較の場合、片側区間も計算されます。

上限
下限

適合平均値と差の標準誤差を計算する方法については、混合効果モデルを適合の適合平均を求める方法と計算式を参照してください。

検定統計量、調整済みp値、個別信頼水準、グループ化情報表の計算は一般線形モデルの計算と一致します。詳細は、一般線形モデルの比較の方法と計算式を参照してください。

棄却値

上限または下限では、棄却値は次式を持ちます。
両側信頼区間では、棄却値は次式を持ちます。
用語説明
管理図の中でもdf自由度を持つスチューデント化t分布の百分位
α第1種の過誤を発生する個別確率
df自由度

自由度は、固定効果項の比較なのか、ランダム項の比較なのかによって変わります。

自由度(DF)

固定効果項では、自由度(DF)は対応する固定効果項の検定の自由度と同じです。ランダム項では、サタスウェイトの近似法を自由度に使用します。

自由度の計算に関する詳細は、混合効果モデルを適合における固定効果の検定の方法と計算式を参照してください。

混合効果モデルの対照と比較するボンフェローニの方法

平均値の差に対する100(1 − α)両側信頼区間は次式を持ちます。

対照との多重比較の場合、片側区間も計算されます。

上限
下限

適合平均値と差の標準誤差を計算する方法については、混合効果モデルを適合の適合平均を求める方法と計算式を参照してください。

検定統計量、調整済みp値、個別信頼水準、グループ化情報表の計算は一般線形モデルの計算と一致します。詳細は一般線形モデルの比較の方法と計算式を参照してください。

棄却値

上限または下限では、棄却値は次式を持ちます。
両側信頼区間では、棄却値は次式を持ちます。
用語説明
上限df自由度を持つスチューデント化t分布の百分位
α第1種の過誤を発生する同時確率
c
k固定効果項またはランダム項の水準数
df自由度

自由度は、固定効果項の比較なのか、ランダム項の比較なのかによって変わります。

自由度(DF)

固定効果項では、自由度(DF)は対応する固定効果項の検定の自由度と同じです。ランダム項では、サタスウェイトの近似法を自由度に使用します。

自由度の計算に関する詳細は、混合効果モデルを適合における固定効果の検定の方法と計算式を参照してください。

混合効果モデルの対照と比較するシダックの方法

平均値の差に対する100(1 − α)両側信頼区間は次式を持ちます。

対照との多重比較の場合、片側区間も計算されます。

上限
下限

適合平均値と差の標準誤差を計算する方法については、混合効果モデルを適合の適合平均を求める方法と計算式を参照してください。

検定統計量、調整済みp値、個別信頼水準、グループ化情報表の計算は、一般線形モデルの計算と一致します。詳細は、一般線形モデルの比較の方法と計算式を参照してください。

棄却値

上限または下限では、棄却値は次式を持ちます。
棄却値は次式を持ちます。
用語説明
上限df自由度を持つスチューデント化t分布の百分位
α第1種の過誤を発生する同時確率
c
k固定効果項またはランダム項の水準数
df自由度

自由度は、固定効果項の比較なのか、ランダム項の比較なのかによって変わります。

自由度(DF)

固定効果項では、自由度(DF)は対応する固定効果項の検定の自由度と同じです。ランダム項では、サタスウェイトの近似法を自由度に使用します。

自由度の計算に関する詳細は、混合効果モデルを適合における固定効果の検定の方法と計算式を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください