ウィンターの方法の統計量を保存する

統計 > 時系列分析 > Winterの方法 > 保存

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

保存できる統計量は、その分析の場合に選択したオプションによって異なります。統計量についての詳細は、「すべての統計量とグラフ」を参照してください。

保存できる統計量

平滑化されたデータ
観測ごとに1行ずつ、平滑化データを保存します。Minitabでは、列SMOOに値を保存します。
水準推定
観測ごとに1行ずつ、各観測の水準推定値(平滑化値)を保存します。Minitabでは、列LEVEに値を保存します。
トレンドの推定
観測ごとに1行ずつ、各観測のトレンド推定値を保存します。Minitabでは、列TRENに値を保存します。
季節推定
観測ごとに1行ずつ、各観測の季節推定値を保存します。Minitabでは、列SEASに値を保存します。
適合値 (1周期先の予測)
観測ごとに1行ずつ、各観測の予測値(前の観測での水準推定値、トレンド推定値、および季節推定値の和)を保存します。Minitabでは、列FITSに値を保存します。
残差
観測ごとに1行ずつ、実際の値と予測値の差を保存します。Minitabでは、列RESIに値を保存します。
予測
観測ごとに1行ずつ、メインのダイアログボックスの予測数で指定する各観測の予測値を保存します。Minitabでは、列FOREに値を保存します。
上方95%予測限界
観測ごとに1行ずつ、予測値の95%上側予測限界値を保存します。Minitabでは、列UPPEに値を保存します。
下方95%予測限界線
観測ごとに1行ずつ、予測値の95%下側予測限界値を保存します。Minitabでは、列LOWEに値を保存します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください