積み荷置き場のマネージャが輸送される積み荷の量を調べようとしています。マネージャーが、偏自己相関関数を使用してARIMAモデルに含める項を判断するとします。

  1. サンプルデータ輸送.MTWを開きます。
  2. 統計 > 時系列分析 > 偏自己相関を選択します。
  3. 系列に、輸送を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

このグラフは、遅れ1で有意相関が発生し、その後に有意ではない相関が続くことを示しています。この結果は、マネージャーはARIMAモデルに自己回帰項または次数1を含めるべきことを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください