自己相関の統計量を保存する

統計 > 時系列分析 > 自己相関

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

保存できる統計量は、その分析の場合に選択したオプションによって異なります。

保存できる統計量

ACFを保存する
遅れごとに1行ずつ、自己相関値を保存します。Minitabでは、列ACFに値を保存します。
t統計量を保存する
遅れごとに1行ずつ、t統計を保存します。Minitabでは、列TSTAに値が保存されます。
Ljung-Box Q統計量を保存する
遅れごとに1行ずつ、リュング-ボックスQ統計を保存します。Minitabでは、列LBQに値を保存します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください