Tは、特定の遅れの自己相関が0になるかどうかを判断するために使用できる検定統計量です。一般則では、t統計量の絶対値が2より大きい場合、自己相関は0にならないことを示します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください