積み荷置き場のマネージャが輸送される積み荷の量を調べようとしています。マネージャーが、偏自己相関関数を使用してARIMAモデルに含める項を判断するとします。

  1. サンプルデータ輸送.MTWを開きます。
  2. 統計 > 時系列分析 > 自己相関を選択します。
  3. 系列に、輸送を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

グラフには、遅れ1で少数の遅れの後に漸減する有意スパイクが示されています。この結果は、マネージャーはARIMAモデルに自己回帰項を含めるべきことを示しています。またマネージャーには、偏自己相関関数を使用して自己相関項の次数を判断する必要もあります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください