ARIMAで表示するグラフを選択する

統計 > 時系列分析 > ARIMA (自己回帰和分移動平均) > グラフ
時系列プロット (オプションの予測を含む)
Minitabに時系列プロットを表示するかどうかを指定します。
残差プロット
個々のプロットを選択するか、または4つすべてのプロットをMinitabで1つのグラフに表示します。
  • 残差のACF: 残差の自己相関関数(ACF)を表示します。このプロットを使用して、残差が相関していないことを検証します。自己相関した残差が存在する場合は、モデルの項の変更が必要になる可能性があります。
  • 残差のPACF: 残差の偏自己相関関数(PACF)を表示します。このプロットを使用して、残差が相関していないことを確認します。自己相関した残差が存在する場合は、モデルの項の変更が必要になる可能性があります。
  • 個別プロット: 表示する残差プロットを選択します。
    残差のヒストグラム
    残差の形状と広がりを表示します。残差のヒストグラムを使用して、データが歪んでいるかどうか、またはデータに外れ値が存在するかどうかを判断します。
    残差の正規プロット
    残差の正規確率プロットを表示します。残差の正規プロットを使用して、残差が正規分布かどうかを判断します。
    残差対適合値
    残差対適合値を表示します。残差対適合値プロットを使用して、残差に偏りがなく、均一分散かどうかを判断します。
    残差対データ順序
    残差対データ順序を表示します。各データ点の行番号はx軸に表示されます。残差対データ順序プロットを使用し、観測期間に観測された値と比較して適合値の正確さを確認します。
  • 一覧表示: 4つすべての残差プロットを1つのグラフに表示します。
残差対変数
1つ異常の変数を入力して、残差に対してプロットします。残差対変数プロットを使用して、分析に含まれない変数が体系的に応答に影響するかどうかを評価します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください