特定の時間における累積故障数をその時間で割った値。たとえば、生存試験で5時間目までに500の故障が記録された場合、5時間目の累積故障率は時間あたり100個の故障となります。

修復可能システムの分析では、Duaneプロットは時間の経過にともなう累積故障率の散布図です。負の傾きは信頼性の向上を示し、正の傾きは信頼性の低下を示し、傾きがない場合は安定したシステムであることを示します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください