Cox-Snell残差とは標準化残差の1つで、信頼性分析で使用されます。残差とは、観測データ点と予測値または適合値との差です。Cox-Snell残差は、寿命回帰モデルからの分布および推定パラメータを考慮します。

Cox-Snell残差は、各観測値の生存確率の負の自然対数と同じです。

Minitabは、寿命データ回帰モデルと加速寿命試験モデルのCox-Snell残差を指数確率プロットに表示します。これにより、次のことが行えます。
  • 追加調査が必要になる極端な観測値を特定します。
  • 故障時間または対数故障時間の分布が適切かどうかを評価します。
  • 加速寿命試験における故障時間/対数故障時間とストレス変数の関係が適切かどうかを評価します。

このグラフは、極端な観測値を示しています。

このグラフは、故障時間分布、または故障時間とストレスの関係のいずれかが適切でないことを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください