パラメータを推定するために必要なサンプルサイズを決定する

尺度パラメータ(ワイブル分布または指数分布)または位置パラメータ(他の分布)の推定に必要なサンプルサイズを推定するには、推定試験計画を使用します。その分布の対応する百分位数を推定するために、計画を使用して必要なサンプルサイズを計算します。

  1. 統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 推定を選択します。
  2. 推定されるパラメータ次のパーセントに対する百分位数を選択してから、0~100のパーセント値を入力します。
    たとえば、正規分布の位置パラメータを推定することは、その分布の50番目の百分位数を推定することと同じです。正規分布の位置パラメータを推定するには、50と入力します。
    選択した分布の尺度パラメータまたは位置パラメータに対応するパーセント値を決定するには、次の表を使用します。
    分布 推定するパラメータ パーセント
    正規 μ 50%
    対数正規 exp(μ) 50%
    ロジスティック μ 50%
    対数ロジスティック exp(μ) 50%
    最小極値 μ 1 - e(-1) ≈ 63.2121%
    ワイブル θ 1 - e(-1) ≈ 63.2121%
    指数 θ 1 - e(-1) ≈ 63.2121%
  3. 信頼区間の境界から推定値までの距離で、上限下限を選択し、希望する精度を入力します。
  4. 仮定する分布で分布を選択します。
    正規分布の位置パラメータを推定するには、正規を選択します。
  5. 次のうち2つの計画値を指定するで、指数分布の場合は1つの値、他の分布の場合は2つの値を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください