故障モードとは、故障の原因またはシステムが故障する可能性がある方法です。

システムに故障する方法が複数ある場合、複数の故障モードまたは競合リスクがあります。システムが複雑であるほど、故障モードの数も多くなります。たとえば、家庭用火災警報器は、電池切れ、電池の入れ忘れ、誤配線、不良の検出器、不良の警報器などが原因で故障する可能性があります。航空機には多くの故障モードがあります。

Minitabでは、複数の故障モードを持つシステムを分析できます。異なる故障モードには異なる故障分布があることが多く、通常は故障データを故障モードごとにグループ化しておくことが推奨されます。

故障モードを理解することは、製品の信頼性を向上するうえで非常に重要です。家庭用火災警報器システムでは、電池切れや電池の入れ忘れが最も多い故障モードです。配線接続型の火災警報機は、電池切れや入れ忘れの問題に対する改善策の1つです。

故障モード影響解析(FMEA)は、故障の原因を解析し、その頻度と影響を把握するための方法です。可能性のある故障モードとその影響を識別すると、適切な是正措置や計画を実施できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください