保証予測を使用して、過去の保証データに基づいた将来の保証請求数または返品数を予測します。保証分析では、過去の保証請求に関する情報を使用して、将来の保証請求数やコストを予測します。保証データに分布を適用することで、翌月、翌年、または次の時間間隔において期待される故障数を推定できます。分析の結果で将来の製品故障に対応する人員をより適切に割り当てることができます。

芝用機器メーカーの品質マネージャが、将来の保証請求のために予算を立てる必要があるとします。芝刈り機の保証期間は1年間で、保証請求1件あたりの会社に対するコストは1,000ドルです。マネージャは、将来の保証請求を予測するために、毎月、各出荷から保証期間内に故障した芝刈り機の数を記録します。

マネージャは、次の一連の分析を実行して、保証データを評価します。
  • 保証データの前処理でデータを三角行列形式から任意打ち切り形式に変換する
  • 分布識別プロット(任意打ち切り)で11種類の分布のうち最低な分布を判断する
  • 保証予測で将来の請求数とコストを予測する

この分析の場所

保証予測を実行するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 保証分析 > 保証の予測を選択します。

他の分析を使用する場合

  • ワークシートのデータが三角行列形式の場合、保証データの前処理を使用してデータを任意打ち切り故障時間データに変換してから、この分析を実行します。
  • 保証データに適合する分布が不明な場合は、この分析を実行する前に、分布識別プロット(任意打ち切り)を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください