保証予測のデータに関する考慮事項

データには、各時間間隔に出荷された個数と返品された個数が示されます
このデータにより、複数の連続する時間間隔における出荷システム数と、出荷したシステムのうち返品された数を追跡します。たとえば、自動車企業は自動車の年間総出荷数および年間返品数を追跡します。
任意打ち切りデータ形式の必要がある
任意打ち切りデータは時間区間(または他の使用単位)で配置され、各区間内で故障する品目数を示します。そのため、各区間の開始時間と終了時間を含む列にデータを配置する必要があります。正確な故障データの場合、区間の開始時間と終了時間は同じ(正確な故障時間)になります。右打ち切りデータの場合、区間の終了時間は欠損値(*)です。
保証予測では左打ち切りデータは使用しません。区間の開始時間に欠損値(*)を入力する場合、終了時間も欠損値にする必要があります。
データが保証請求の生データの記録に一般的に使用される三角行列形式の場合、まずデータを任意打ち切り故障時間データに変換してから、この分析を実行します。詳細については、保証データの前処理を参照してください
選択する分布は、データに適合させる必要があります
選択した分布がデータにうまく適合しない場合、期待される故障数の正確な推定値は得られません。データに最もよく適合するパラメトリック分布を判断するには、分布識別プロット(任意打ち切り)を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください