プロビット分析の分析オプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > プロビット分析 > オプション

モデルパラメータ

  • モデルパラメータを推定する:
    初期推定値を使用する
    初期推定値がある場合は、すべての応答変数に適用する1つの列を入力するか、応答変数ごとに別の列を入力します。各列には、回帰表に係数が表示される順に、係数ごとに1つの値を入力する必要があります。
    初期推定値が真の解決に近くない場合、最尤法による解では収束しないことがあります。アルゴリズムが解を収束しない場合は、適した開始値を指定します。詳細については、推定モデルパラメータの値を入力するを参照してください。
    最大反復数
    正の整数を入力して、最尤法の最大反復数を指定します。デフォルト値は20です。Minitabでは、再帰的手法である修正されたNewton-Raphsonアルゴリズムを使用して、最尤推定値を計算します。収束するまでに最大反復数に達した場合、コマンドは終了します。
  • 経験値を使用する: モデルパラメータの独自の推定値を入力する場合に選択します。すべての応答変数に適用する1つの列を入力するか、応答変数ごとに別の列を入力します。各列には、回帰表に係数が表示される順に、係数ごとに1つの値を入力する必要があります。

    経験値を使用して独立サンプルとモデルを交差検証できます。詳細については、推定モデルパラメータの値を入力するを参照してください。

自然応答率

あるユニットがストレスをまったく受けずに故障する確率である自然応答率のMinitabでの計算方法を示します。データから自然応答率を推定するオプションやその値を設定するオプションを選択しない場合、自然応答率は0と仮定されます。
データから推定する
サンプルデータから自然応答率を推定します。このオプションを選択すると、推定値に開始値を入力できます(次のオプションを参照してください)。
値を設定する
固定値で自然応答率を設定する場合や、自然応答率の推定値の開始点を示す場合に値を入力します。過去データからの経験値がある場合、率を設定できます。データから推定するを選択しない場合、自然応答率として入力する値が使用されます。データから推定するを選択する場合、自然応答率を推定するアルゴリズムの開始値として入力する値が使用されます。

参照オプション

事象
応答/度数データがある場合、事象の発生を定義する値を入力できます。たとえば、Fの応答が故障、Sの応答が生存を示す場合、Fを入力すると事象を故障と定義できます。値を入力しない場合、事象を定義するために列内の最大値が使用されます。デフォルトでは、テキスト値の順位は、アルファベット順で決定します。
参照因子水準
因子がある場合、因子の参照水準を入力できます。推定係数がこの水準と対比して解釈されます。デフォルトでは、参照水準の因子列の最小値が使用されます。デフォルトでは、テキスト値の順位は、アルファベット順で決定します。

Hosmer-Lemeshow検定のオプション

群の数
Hosmer-Lemeshow適合度検定のグループの数を入力します。デフォルトでは、この検定でデータを10グループに分けて、ほとんどのデータでうまく機能します。しかし、個別の因子/共変量パターンが多数または少数ある場合、グループの数を調整する場合があります。Hosmer-Lemeshowは最小6つのグループを使用することをお勧めします。
重要

Hosmer-Lemeshowの適合度検定の結果を表示するには、結果サブダイアログボックスのすべての結果を表示するオプションを選択する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください