プロビット分析の解釈要約

プロビット分析を使用すると、ストレス変数が製品の故障確率に及ぼす効果を判定できます。プロビット分析では、製品またはユニットを特定のストレス水準下に置き、そのストレスに耐えられるかどうか(稼働または故障)を記録します。

多くの場合、関心の対象となるのはユニットの許容限界を決定することです。許容限界とは、ユニットの特定パーセントが故障する直前までのストレス水準を指します。たとえば、プロビット分析を使用することで、飛翔体の衝撃によって風防ガラスの95%が破損する速度を予測できます。ここでストレス水準となるのは飛翔体速度で、応答変数は特定速度の飛翔体により風防ガラスが破損するかどうかです。

データの説明

ある航空機用風防ガラスの製造会社では、特定の風防ガラスが飛翔体による衝撃にどの程度耐えられるかを一定の速度範囲について調べる計画を立てています。サンプルとしてランダムに抽出された90枚の風防ガラスに、8つの速度のいずれかで飛翔体が当てられました。

この測定では、風防ガラスが飛翔体の衝撃に耐えられるかが関心の対象となります。

データ: フロントガラスのストレス.MTW.

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください