プロビット分析の概要

プロビット分析を使用して、特定のストレスや刺激に対して故障すると予測できるユニット数を推定できます。

プロビット分析では、2値応答変数と連続したストレス変数の関係を調べます。分析を実行するには、多くのユニットにストレス(または刺激)を与えて、各ユニットが故障(事象として定義)またはストレスに耐えるかどうかを記録します。サンプルデータに基づいて、プロビット式が計算され、次の要素に使用できます。
  • ストレス変数の変化に伴い、事象の確率がどのように変化するかを調べる
  • 実験範囲内の任意のストレス値について、事象の確率を予測する

生命科学では、生命体がさまざまな水準の物理的または環境的ストレス下で生存できるかどうかを評価するためにプロビット分析を使用できます。たとえば、野生生物研究者にとっては50%の魚が死亡する汚染物の濃度を判断する場合、昆虫学者にとっては、昆虫が特定量の殺虫剤にさらされた場合に死亡する確率を知りたい場合に使用できます。

エンジニアリング科学では、破壊試験にプロビット分析を使用できます。たとえば、エンジニアが、潜水艦船体の材料が水中爆発にさらされた場合にどの程度正常に機能するかを知りたい場合に使用できます。エンジニアは、この材料をさまざまな規模の爆発にさらして、船体に亀裂が入るかどうかを記録します。プロビット分析を使用して、10%の船体に亀裂が入ることが予測される衝撃水準を判断します。

この分析の場所

プロビット分析を実行するには、統計 > 信頼性/生存時間 > プロビット分析を選択します。

他の分析を使用する場合

応答データが考えられる結果を2つだけ持つ2値ではなく、故障時間(または他の単位)の連続測定である場合、加速寿命試験を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください