パラメトリック成長曲線の解釈要約

パラメトリック成長曲線を使用して修復可能システムのデータを分析し、故障数とROCOFの平均値の推移を示す成長曲線を推定します。Minitabでは、パラメトリック成長曲線の推定に次の2種類のモデルを使用できます。
  • べき法則工程: 増加、減少、または一定で推移する故障/修復時間をモデル化します。べき法則工程の故障率は、時間の関数です。
  • ポアソン工程: 一定のまま推移する故障/修復時間をモデル化します。
パラメトリック成長曲線を使用すると、次の推定ができます。
  • 時間の関数としての予測累積故障数
  • 時間の関数としての故障率

平均故障数の推移を示す成長曲線を推定できます。これらの曲線を使用して、継続的な故障の発生間隔に傾向がないかどうか、およびシステムの故障頻度が増加しているか、減少しているか、または一定であるかを判断します。

データの説明

ある信頼性エンジニアが、商用ジェット機で使用される特定の空調設備の故障率を評価します。エンジニアは13機の飛行機の空調設備の故障データを収集します。部品は故障するたびに修理して再び使用されました。

エンジニアは、時間の経過により故障率が増加しているのか、減少しているのか、または一定のまま変わらないのかを判断したいと考えています。これらのデータでは、離脱した空調設備はありません。したがって、すべてのデータは正確な故障時間を示します。

データ: 空調設備の信頼性.MTW

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください