パラメトリック成長曲線のパラメータ推定値表

パラメータ推定値は、選択されたモデルの最適適合パラメータ推定値を定義します。他のすべてのパラメトリック成長曲線グラフおよび統計量は、このモデルに基づきます。

形状の値(β)は、システムが向上しているか、劣化しているか、または一定であるかによって異なります。
  • 0 < β < 1の場合、故障/修復率は減少しています。つまり、システムは向上しています。
  • β = 1の場合、故障/修復率は一定です。つまり、システムは安定しています。
  • β > 1の場合、故障/修復率は増加しています。つまり、システムは劣化しています。

選択したモデルがデータに良好に適合しているかどうかを、推定パラメータによって判断することはできません。このような判断には、プロット検定とトレンド検定を使用します。

出力例

システム: システム モデル:べき乗則過程 推定法:最尤法
パラメータ推定値 パラ 95%正規信頼区間 メータ 推定 標準誤差 下限 上限 形状 1.10803 0.067 0.984256 1.24738 尺度 128.763 22.489 91.4369 181.325

解釈

空調データでは、べき法則工程モデルに最尤推定法を使用しました。推定された形状パラメータは1.10803で、推定された尺度パラメータは128.763です。

エンジニアは、95%の信頼性をもって、区間(0.984256, 1.24738)にその母集団の真の形状が含まれていると判断できます。形状推定値と1との差が大きくないので、システムの故障率は一定であると結論できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください