パラメトリック成長曲線のDuaneプロット

Duaneプロットは、時間に対する累積故障率の散布図です。Duaneプロットは次の判断に使用します。
  • データがべき法則工程と斉次ポアソン工程のどちらに従うかを評価する。
  • システムの信頼性が向上しているか、低下しているか、一定であるかを判断する。

べき法則工程の仮説が妥当で、最小二乗法を使用して形状と尺度が推定されている場合は、Duaneプロットの適合線が最適合線になります。

べき法則工程または斉次ポアソン工程が適切である場合、Duaneプロットは一般にほぼ線形になります。負の傾きは信頼性の向上を示し、正の傾きは信頼性の低下を示し、傾きがない場合(水平線)は安定したシステムであることを示します。

出力例

解釈

空調データの場合、20日前後に外れ値があります。データは水平線にほぼ従っており、べき法則工程が適切なモデルで、システムが比較的安定していることを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください