パラメトリック成長曲線の概要

パラメトリック成長曲線を使用して修復可能システムのデータを分析し、平均故障回数と修理率とも呼ばれる故障の発生率(ROCOF)推移を示す成長曲線を推定します。修復可能システムとは、故障した部品が交換ではなく修理されるシステムのことを指します。自動車のエンジンなどは、一般に、交換される前に何度も修理されます。

Minitabでは、パラメトリック成長曲線の推定において次の2種類のモデルが使用されます。
  • べき法則工程: 増加、減少、または一定で推移する故障/修復時間をモデル化します。べき法則工程の故障率は、時間の関数です。
  • ポアソン工程: 一定のまま推移する故障/修復時間をモデル化します。

推定された成長曲線を使用して、故障率と時間の関数として予測される累積故障数を調べ、継続的な故障の発生間隔に傾向がないかどうか判断します。たとえば、システムの故障頻度が増加しているか、減少しているか、または一定であるかを判断できます。

修復可能システムの性能を図式化することで、成長曲線で次の点を明確にできます。
  • 実行する必要があるシステム保守の頻度
  • 交換部品の在庫数
  • 許容水準でシステムが稼働しているかどうか
  • システム使用期間全体における見込み修理費

べき法則工程やポアソン工程を含む成長曲線の詳細については、成長曲線のパラメータの推定を参照してください。

この分析の場所

パラメトリック成長曲線分析を実行するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 修復可能システム分析 > パラメトリック成長曲線を選択します。

他の分析を使用する場合

システムの修理費や修理回数の分布を仮定できない場合、ノンパラメトリック成長曲線を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください