分布の特性~パラメトリック分布分析(右打ち切り)の中央と広がりの推定値

分布の特性表は、分布の中央と広がりの測度を表示したものです。

故障までの平均時間(MTTF)と中央値推定値は、分布の中央の測度であり、標準偏差と四分位間範囲(IQR)は、分布の広がりの測度です。

分布がデータにあてはまる場合にのみ、これらの値を使用してください。分布がデータにあてはまらなければ、これらの推定値は不正確になります。分布がデータにあてはまるかどうかを判断するには、分布識別プロット、確率プロット、適合度の測度を使用します。

出力例

分布の特性 95.0%正規信頼区 間 推定 標準誤差 下限 上限 平均 (MTTF) 67.4153 5.55245 57.3656 79.2255 標準偏差 34.8145 6.79827 23.7435 51.0476 中央値 59.8995 4.31085 52.0192 68.9735 第1四分位数 (Q1) 43.1516 3.29526 37.1531 50.1186 第3四分位数 (Q3) 83.1475 7.37690 69.8763 98.9392 四分位間範囲 (IQR) 39.9959 6.33317 29.3245 54.5505

解釈

平均故障時間(67.4153)と標準偏差(34.8145)は、歪んだ分布の裾と外れ値がその値に有意な影響を及ぼすため、高感度な統計量です。

中央値(59.8995)と四分位間範囲(39.9959)は、歪んだ分布の裾と外れ値がその値に有意な影響を及ぼさないため、抵抗性のある統計量です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください