パラメトリック分布分析(右打ち切り)の概要

パラメトリック分布分析(右打ち切り)を使用して、データがパラメトリック分布に従っており、正確な故障時間および/または右打ち切りの観測値を含んでいる場合にシステム全体の信頼性を推定できます。 データが右打ち切りの場合、特定の時間より前に発生した故障のみ記録されます。その時間が過ぎても故障しないユニットは、右打ち切りの観測値とみなされます。詳細については、打ち切りデータを参照してください。

最小極値、ワイブル、3-パラメータワイブル、指数、2-パラメータ指数、正規、対数正規、3-パラメータ対数正規、ロジスティック、対数ロジスティック、および3-パラメータ対数ロジスティックの11種類の分布からいずれかを選択して寿命データをモデル化します。適合分布に基づいて、次の処理を実行できます。

  • 平均故障時間(MTTF)などのパラメータ推定値と分布特性を表示する
  • 百分位数、生存確率、累積故障確率、および信頼区間を推定する
  • 生存、累積故障、ハザードの各プロットを表示して故障確率や生存確率をグラフで分析する
  • 確率プロットで選択した分布の適合度を評価する

製品の故障の仕方が異なる場合、この分析の故障モード情報を入力すると、故障の各タイプが信頼性全般に及ぼす影響を評価できます。各故障モードは独立しているものと見なされ、異なる分布でモデル化できます。各故障モードを個別に分析することにより、改善する領域の優先順位を付けやすくなります。

この分析の場所

右打ち切りデータのパラメトリック分布分析を実行するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(右打ち切り) > パラメトリック分布分析を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください