パラメトリック分布分析(任意打ち切り)の分析オプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(任意打ち切り) > パラメトリック分布分析 > オプション
  • 分布のパラメータを推定する: 分布パラメータをデータから推定する場合に選択します(デフォルト)。
    初期推定値を使用する
    パラメータの初期推定値を入力します。すべてのサンプルに対して使用する値の1つの列を入力するか、メインダイアログボックスの開始変数内の対応する変数と同じ順序で値の複数の列を入力します。多重故障モードの複数の値を入力する方法の詳細については、複数の信頼性分布に関する複数の初期推定値を指定する方法を参照してください。
    最大反復数
    正の整数を入力して、最尤法の最大反復数を指定します。デフォルト値は20です。Minitabでは、再帰的手法である修正されたNewton-Raphsonアルゴリズムを使用して、最尤推定値を計算します。収束するまでに最大反復数に達した場合、コマンドは終了します。
  • 経験値を使用する: パラメータの経験値を入力します。すべてのサンプルに対して使用する値の1つの列を入力するか、メインダイアログボックスの開始変数内の対応する変数と同じ順序で値の複数の列を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください