パラメトリック分布分析(任意打ち切り)の生存確率表

生存確率とは、製品が特定の時間まで正常に機能する確率を指します。これらの値を使用すると、製品が信頼性要件を満たしているかどうかを判断したり、2つ以上の製品デザインの信頼性を比較したりできます。

分布がデータにあてはまる場合にのみ、これらの値を使用してください。分布がデータにうまく適合しない場合、正確な推定値は得られません。分布がデータにあてはまるかどうかを判断するには、分布識別プロット、確率プロット、適合度の測度を使用します。

出力例

生存確率表 95.0%正規信頼区間 時間 確率 下限 上限 50000 0.946704 0.935996 0.955664

解釈

マフラーデータの場合、新型マフラーの0.946704、つまり94.6704%は、少なくとも50,000マイル存続しました。つまり、マフラーが50,000マイルまで故障しない確率は0.946704となります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください