パラメトリック分布分析(任意打ち切り)の多重故障モード分析

多重故障モード分析~パラメータ推定値

パラメータ推定値は、各故障モードの選択された分布に対する最適適合パラメータ推定値を定義します。その他すべてのパラメトリック分布分析のグラフと統計量は、選択した分布に基づきます。したがって、結果を正確にするには、選択する分布はデータに適合させる必要があります。

選択した分布がデータにあてはまるかどうかを、推定分布パラメータから判断することはできません。分布がデータにあてはまるかどうかを判断するには、分布識別プロット、確率プロット、適合度の測度を使用します。

出力例

変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング
パラメータ推定値 パラ 95.0%正規信頼区間 メータ 推定 標準誤差 下限 上限 位置 11.4289 0.0661986 11.2991 11.5586 尺度 0.386879 0.0579657 0.288430 0.518932
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ガスケット
パラメータ推定値 パラ 95.0%正規信頼区間 メータ 推定 標準誤差 下限 上限 位置 11.6318 0.150306 11.3372 11.9264 尺度 0.805358 0.139971 0.572863 1.13221

解釈

ウォーターポンプデータの場合、技術者は、ベアリング故障をモデル化するために対数正規分布を、ガスケット故障をモデル化するために対数正規分布を選択しました。各故障モードの最適適合分布を定義するパラメータは、次のとおりです。
  • 位置 = 11.4289、尺度 = 0.386879(ベアリング故障の場合)
  • 位置 = 11.6318、尺度 = 0.805358(ガスケット故障の場合)

多重故障モード分析~百分位数

百分位数は、母集団のある割合が故障すると期待される製品年齢を示します。百分位数値を使用すると、製品が信頼性要件を満たしているかどうかを判断したり、どの故障モードが信頼性全般に影響を与えるかを判断したりできます。

分布がデータにあてはまる場合にのみ、これらの値を使用してください。分布がデータにあてはまらなければ、これらの推定値は不正確になります。分布がデータにあてはまるかどうかを判断するには、分布識別プロット、確率プロット、適合度の測度を使用します。

出力例

変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング
百分位数表 95.0%正規信頼区 パーセ 間 ント 百分位数 標準誤差 下限 上限 1 37378.2 4186.55 30010.9 46554.0 2 41535.6 4092.37 34241.6 50383.3 3 44409.9 4013.16 37201.5 53015.1 4 46702.6 3946.01 39575.0 55113.9 5 48654.4 3888.53 41600.0 56905.2 6 50380.0 3839.15 43390.3 58495.5 7 51943.2 3796.83 45010.0 59944.3 8 53383.9 3760.85 46499.1 61288.2 9 54728.9 3730.71 47884.3 62552.0 10 55997.0 3706.03 49184.7 63752.8 20 66386.7 3718.13 59485.1 74089.2 30 75055.2 4143.21 67358.5 83631.3 40 83353.3 4935.88 74219.5 93611.2 50 91937.0 6086.10 80749.9 104674 60 101405 7648.66 87468.9 117560 70 112616 9795.13 94965.1 133547 80 127321 12976.5 104266 155473 90 150944 18744.6 118335 192540 91 154441 19655.9 120346 198197 92 158332 20685.5 122564 204539 93 162724 21866.6 125046 211756 94 167773 23248.6 127871 220128 95 173723 24908.8 131163 230094 96 180984 26979.2 135130 242398 97 190327 29711.7 140159 258452 98 203498 33685.8 147115 281490 99 226132 40821.4 158746 322123
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ガスケット
百分位数表 95.0%正規信頼区 パーセ 間 ント 百分位数 標準誤差 下限 上限 1 17295.9 4302.95 10621.3 28164.9 2 21542.1 4636.31 14128.3 32846.1 3 24761.7 4823.69 16903.0 36274.2 4 27497.1 4951.31 19320.3 39134.5 5 29943.6 5047.87 21518.3 41667.6 6 32196.6 5126.84 23565.1 43989.8 7 34311.2 5195.83 25499.7 46167.4 8 36322.0 5259.66 27347.1 48242.5 9 38253.0 5321.66 29123.9 50243.8 10 40121.1 5384.33 30841.8 52192.2 20 57180.0 6349.04 45997.1 71081.8 30 73823.8 8397.15 59071.2 92260.7 40 91833.4 11825.7 71349.1 118199 50 112619 16927.3 83882.5 151200 60 138109 24362.1 97740.3 195152 70 171802 35634.2 114413 257976 80 221809 54607.2 136906 359366 90 316119 95637.2 174716 571965 91 331557 102872 180491 609060 92 349183 111286 186970 652131 93 369648 121249 194350 703061 94 393925 133323 202921 764718 95 423565 148416 213139 841741 96 461250 168122 225778 942306 97 512205 195607 242312 1082708 98 588758 238527 266124 1302535 99 733300 324105 308366 1743799
変数の開始:開始 終了: 終了 度数: 度数 故障モード: 故障 = ベアリング, ガスケット
百分位数表 95.0%正規信頼区 パーセ 間 ント 百分位数 下限 上限 1 17291.8 10624.0 27909.5 2 21511.5 14143.5 32140.0 3 24665.9 16938.5 35023.7 4 27287.4 19376.3 37286.9 5 29566.8 21584.1 39192.7 6 31599.2 23619.6 40869.3 7 33441.6 25513.6 42388.0 8 35132.0 27285.1 43791.9 9 36698.1 28948.1 45108.3 10 38160.4 30513.6 46355.3 20 49496.0 42607.7 56673.6 30 58169.3 51495.7 65176.2 40 66025.7 59190.3 73260.0 50 73846.8 66445.5 81745.1 60 82224.8 73737.4 91377.7 70 91908.0 81606.5 103179 80 104331 91022.7 119199 90 123832 104763 145869 91 126682 106692 149894 92 129844 108814 154393 93 133401 111178 159496 94 137476 113860 165393 95 142259 116972 172382 96 148072 120708 180967 97 155514 125421 192100 98 165939 131908 207946 99 183695 142684 235557

解釈

ウォーターポンプデータの百分位数表では次のことが示されます。
  • ポンプの1%は、ベアリング故障のため37378.2マイルまでに故障します
  • ポンプの1%は、ガスケット故障のため17295.9マイルまでに故障します

全体として、17291.8マイルまでにウォーターポンプの1%が故障します。ウォーターポンプの信頼性に最も有効な改善を施すには、技師はガスケット故障を最小限にすることに集中する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください