ノンパラメトリック成長曲線の結果を保存する

統計 > 信頼性/生存時間 > 修復可能システム分析 > ノンパラメトリック成長曲線 > 保存

分析によって得られる結果は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された結果を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ結果を複数回保存すると、この数字が大きくなります。

グループ変数の水準数を入力する
分析に変数ごとのグループを使用している場合、グループ化指標の列に含まれる水準数を入力します。Minitabによって各グループの結果が保存されます。

個別の曲線

平均累積関数 (MCF)
対応する時間(正確なデータの場合)または終了時間(区間データの場合)で評価される平均累積関数を保存します。値は、MCF1列に保存されます。
MCFに対する時間
平均累積関数に関連付けられた時間を保存します。値は、TMCF1列に保存されます。
MCFの標準誤差
平均累積関数の標準誤差を保存します。値は、SEMCF1列に保存されます。
MCFに対する信頼限界
平均累積関数に対する信頼限界を保存します。デフォルトでは、95%の信頼限界が保存されます。オプションサブダイアログボックスで信頼水準を変更できます。値は、CLMCF1列とCLMCF2列に保存されます。

個別の曲線内の差

平均累積関数 (MCF) 内の差
対応する時間(正確なデータの場合)または終了時間(区間データの場合)で評価される平均累積関数内の差を保存します。値は、DMCF1列に保存されます。
MCF内の差に対する時間
平均累積関数内の差に関連付けられた時間を保存します。値は、TDMCF1列に保存されます。
MCF内の差の標準誤差
平均累積関数内の差の標準誤差を保存します。値は、SEDMCF1列に保存されます。
MCF内の差に対する信頼限界
平均累積関数内の差に対する信頼限界を保存します。デフォルトでは、95%の信頼限界が保存されます。オプションサブダイアログボックスで信頼水準を変更できます。値は、CLDMCF1列とCLDMCF2列に保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください