ノンパラメトリック成長曲線の平均累積差関数

平均累積差関数プロットには、平均累積差関数と時間との関係が表示されます。プロットは、システム故障(修復)時または区間のエンドポイントで階段状になるステップ関数です。このプロットを使用して、異なるグループ間で平均累積関数を比較します。

このプロットは、すべてのシステムを対象にした平均的な累積修復数の推移を2つのグループで比較して示します。

最小X尺度値に最初の故障時間を設定すると、平均累積差をよりわかりやすく表示できます。

出力例

解釈

ブレーキ信頼性データの場合、タイプ2ブレーキ部品が離脱する約500日まで、平均累積差の規模は増加します。タイプ2ブレーキ部品のシステムがすべて離脱する約500日目で、2種類のブレーキ部品間の修理数の差は、およそ−3.5になり、タイプ1部品と比べてタイプ2部品の修理数のほうが平均で約3.5多くなります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください