分布概要プロット(右打ち切り)のパラメトリック分析オプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(右打ち切り) > 分布概要プロット > オプション

パラメトリック分析を選択した場合、分析に次のオプションを指定できます。

推定法
  • 最尤法: 尤度関数を最大化して分布パラメータを推定します。
  • 最小二乗法 (故障時間(X)の順位(Y)上への): 確率プロットの点に回帰線を適合して分布パラメータを推定します。

これら2つの方法の詳細については、最小二乗推定法と最尤推定法を参照してください。

次のプロットによって同順位の故障時間を処理する
  • すべての点: 故障時間が発生するたびに累積パーセントをプロットします。
  • 同順位点の最大値: 同じ故障時間の累積パーセントの最大値をプロットします。
  • 同順位点の平均 (中央値): 同じ故障時間の累積パーセントの中央値をプロットします。
異なる変数または水準別に表示する
グループ変数の各変数や各水準をグラフでどのように表示するかを示します。各変数のグラフを同じグラフウィンドウに重ねるか、各グラフを個別に表示できます。
X尺度の最大値と最小値
  • デフォルト値を使用する: X尺度の最大値と最小値に自動的に判断される値を使用します。
  • 使用: X尺度の最小値や最大値、または両方を入力する場合に選択します。
タイトル
グラフのカスタムタイトルを入力できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください