保険数理モデルは、故障時間のグループに関する情報を表示する別のノンパラメトリック分析です。カプラン-マイヤー法では、故障が発生すると、その区間の最後に停止すると仮定されます。Minitabの保険数理モデルは、区間の中央で停止が発生すると仮定して、これにより区間内で機能しているユニット数の減少に影響を及ぼします。保険数理法を使用する生存関数の推定値は次のとおりです。

i = 0の場合

i > 0の場合

経験ハザード関数

ハザード関数は、ある区間での故障率を示します。保険数理法で、区間の中点を求めるために計算するものと仮定します。ハザードプロットで、関数は中点から中点に図示されます。詳細については、「表記」セクションの次の「参考文献」を参照してください。

表記

用語説明
ni 区間内のユニット数
di 区間内の故障数
n'i
区間内の打ち切り数
事象の条件付き確率 = di/n'i
tmi保険数理区間の中点の時間
bi保険数理区間の長さ

参考文献

Collett, D.(1994年)『Modelling Survival Data in Medical Research』Chapman and Hall

Lee, Elisa T.(1992年)『Statistical Methods for Survival Data Analysis』第2版、John Wiley & Sons

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください