ハザード関数 – ノンパラメトリック分析 – 分布概要プロット(右打ち切り)の保険数理推定法

ハザード関数では、ユニットが存続する時間の関数として故障尤度の測度を使用できます。ノンパラメトリックハザードプロットは、パラメトリック推定法を採用する場合に、これらのデータのモデル化に適した分布を決定する際に役立ちます。

分布を選択しない(ノンパラメトリック分析を実行する)場合、ハザードプロットは、各区間の中点でのステップを持つステップ関数になります。この例では、保険数理推定法を使用する際に計算される生存関数を示します。

ポインターを各ステップ上に置くと、ハザード率と故障時間が表示されます。

出力例

解釈

エンジン巻揚部品データの場合、各温度変数のハザード関数は、ハザードプロット上に表示されます。このハザードプロットでは、両変数のハザード率が初期段階で増加し、50~75時間の区間でピークに達します。約38時間目で、故障尤度は80°Cで0.01(1%)、100°Cで0.03(3%)をわずかに下回ります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください