分布概要プロット(右打ち切り)のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

通常、収集するデータは故障時間です。
たとえば、所定の温度でユニットを検定する場合の故障時間を収集します。また、さまざまな温度下やストレス変数の組み合わせの下で故障時間のサンプルを収集します。あるいは、タイヤが故障するまでのマイル距離など時間以外の単位で製品の使用法を測定する場合があります。
右打ち切りデータまたは打ち切りなしデータの必要があります。
データには、正確な故障時間および/または右打ち切りの観測値のみが含まれている必要があります。いくつかの試験ユニットが分析終了まで故障しないため、故障発生よりも前の時間のみ把握している場合、データは右打ち切りされます。データに左打ち切りの観測値(故障発生よりも後の時間のみ把握している)、または区間打ち切りの観測値(故障が発生している時間区間のみ把握している)が含まれている場合、分布概要プロット(任意打ち切り)を使用します。打ち切りデータの詳細については、打ち切りデータを参照してください。
多様打ち切りデータの場合は、打ち切り指標の列が必要です。
試験ユニットが異なる時間で打ち切られている場合、データが多様打ち切りとなります。多様打ち切りデータでは、故障時間が打ち切られた時間と混在しています。その場合、各観測地が実際に故障したユニットであるか、故障前に検定から除外された(打ち切られた)ユニットであるかを示すテキスト値や数値の列が必要になります。打ち切りデータの詳細については、打ち切りデータを参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください