ターンブル推定法

ターンブル1, 2によって、データの累積分布関数のノンパラメトリック最尤推定値を計算するために、ノンパラメトリック反復アルゴリズムが開発されました。この方法は、区間が重複している場合など、より一般的な状況に適用します。

区間確率のターンブル推定値を要約する出力が、これらの確率の標準誤差とともに表示されます。

参考文献

  1. B.W. Turnbull(1976年)「The Empirical Distribution Function with Arbitrarily Grouped, Censored and Truncated Data」『Journal of the Royal Statistical Society』第38巻、290~295頁
  2. B.W. Turnbull(1974年)「Nonparametric Estimation of a Survivorship Function with Doubly Censored Data」『Journal of the American Statistical Association』第69巻、345合、169~173頁
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください