生存関数 – 分布概要プロット(任意打ち切り)のパラメトリック分析

生存関数は、分布概要プロットの左下隅にあります。

生存プロットでは、項目が特定時間まで正常に機能する確率が図示されます。このため、生存プロットでは、時間の経過に伴う製品の信頼性が示されます。

ポインターを生存曲線上に置くと、時間(またはマイルなど他の使用単位)と生存確率の表が表示されます。

出力例

解釈

新しいマフラーのデータに基づいて、新型マフラーが50,000マイルまで正常に機能する確率は95%です。生存関数は形状 = 5.76770、尺度 = 82733.7のワイブル分布に基づいています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください