分布概要プロット(任意打ち切り)の解釈要約

次のいずれかを行うには、分布概要プロット(任意打ち切り)を使用します。
  • 選択した分布に基づいて4つのグラフ(確率プロット、確率密度関数、生存プロット、ハザードプロット)を調べる。
  • 分布を選択せず、ノンパラメトリック法を使用して、2つのグラフ(生存プロット、ハザードプロット)を調べる。

これらのグラフでは、データの分布が異なる方法で表示されます。

データの説明

ある会社は、新型マフラーの保証を50,000マイルに設定しました。信頼性グループでは、新しいマフラーの信頼性を評価し、期待される保証請求の比率を推定しようとしています。対象となる測定は、保証請求が行われた際のその新型マフラーの運転マイル数です。

その会社は、ワイブル分布を選択してデータを記述します。

データ: マフラーの信頼性.MTW

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください