確率プロット - 分布概要プロット(任意打ち切り)のパラメトリック分析

確率密度関数は、[分布概要プロット]の右上隅にあります。

確率プロットを使用すると、選択した分布のデータに対する適合度を評価できます。点が適合線に従っている場合、その分布を使用してデータをモデル化できます。

プロット上の点は、ノンパラメトリック法に基づく推定百分位数です。ポインターをデータ点上に置くと、観測された故障時間と推定累積確率が表示されます。

直線は適合分布に基づいています。ポインターを適合線上に置くと、各種パーセントの百分位数表が表示されます。

Anderson-Darling(adj)統計量は、分布の適合度を測定します。一般的に、Anderson-Darling値が小さいほど、その分布がデータにうまくあてはまることを示しています。しかし、わずかな差がある場合、意味を持ちません。また、異なる分布で計算された値は直接比較できません。したがって、分布の適合度を評価する場合に、確率プロットと他の情報も使用する必要があります。

別の推定法(最小二乗(LSXY)法)を使用する場合、ピアソン相関係数が表示されます。この相関係数は1以下の正の数です。相関係数の値が大きいほど、その分布がデータにうまくあてはまることを示しています。

出力例

解釈

マフラーデータの場合、適合線は、形状 = 5.76770で、尺度 = 82733.7のワイブル分布に基づいています。

この例では、データが適合直線を取り囲んでいるので、ワイブル分布がこのデータの適切な選択肢と言えます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください