分布概要プロット(任意打ち切り)の例

ある信頼性エンジニアが、新しいタイプのマフラーの信頼性を評価し、50,000マイル保証に対して予想される保証請求の比率を推定します。エンジニアは古いタイプのマフラーと新しいタイプのマフラー両方の故障データを収集します。マフラーは、故障がないかどうか10,000マイルごとに点検されました。

エンジニアは10,000マイルごとの故障数を記録します。したがって、このデータは任意打ち切りです。分布概要プロット(任意打ち切り)を使用してワイブル分布をデータに適合し、時間の経過に伴う生存確率および故障率を視覚的に評価します。

  1. サンプルデータを開く、マフラーの信頼性.MTW.
  2. 統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(任意打ち切り) > 分布概要プロットを選択します。
  3. 開始変数に、開始(旧) 開始(新)を入力します。
  4. 終了変数に、終了(旧) 終了(新)を入力します。
  5. 度数列 (オプション)に、度数(旧) 度数(新)を入力します。
  6. パラメトリック分析を選択します。分布から、ワイブルを選択します。
  7. OKをクリックします。

結果を解釈する

確率プロットは、ワイブル分布が両方の変数に関するデータにうまく適合していることを示します。

ハザード関数プロットを使用して異なる変数の故障率を比較します。たとえば、約90,000マイル未満の使用において、新しいマフラーのデザインでの故障率は、旧デザインの故障率より低くなります。

生存関数プロットを使用して異なる変数の生存率を比較します。たとえば、全使用マイルにおいて、正常に機能するマフラーのパーセントは旧デザインより新しいマフラーのデザインのほうが大きくなります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください