分布識別プロット(右打ち切り)の解釈要約

分布識別プロット(右打ち切り)を使用すると、最小極値、ワイブル、3-パラメータワイブル、指数、2-パラメータ指数、正規、対数正規、3-パラメータ対数正規、ロジスティック、対数ロジスティック、3-パラメータ対数ロジスティックの分布の適合値を比較できます。Minitabでは、確率プロットと適合度統計量の両方を使用できます。

異なる分布が結果に与える影響は、百分位数と平均故障時間(MTTF、mean time to failure)の推定値を比較することでも評価できます。

データの説明

ある信頼性エンジニアは、タービンアセンブリ用のエンジン巻揚部品の故障率を調査して、エンジン巻揚部品が故障するまでの時間を特定しようとしています。温度が高い場合、巻揚部品の分解が早くなりすぎる可能性があります。

エンジニアはさまざまな温度でのエンジン巻揚部品の故障回数を記録します。ただし、いくつかのユニットは故障する前に検定から取り除く必要があります。したがって、このデータは右打ち切りです。80°Cで収集されたデータの分布モデルを選択するため、分布識別プロット(右打ち切り)を使用します。

データ: エンジン巻揚部品の信頼性.MTW

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください