分布識別プロット(任意打ち切り)の分析オプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 分布分析(任意打ち切り) > 分布識別プロット > オプション
推定法
  • 最尤法: 尤度関数を最大化して分布パラメータを推定します。
  • 最小二乗法 (故障時間(X)の順位(Y)上への): 確率プロットの点に回帰線を適合して分布パラメータを推定します。

これら2つの方法の詳細については、最小二乗推定法と最尤推定法を参照してください。

次のパーセントに対する百分位数を推定する
百分位数を推定するパーセントを入力します。百分位数に対するパーセントは、特定の時間までに故障が発生すると予測される品目の割合(百分位数)です。したがって、各値は0~100の間で入力し、故障する品目の割合を示す必要があります。n番目の百分位数の場合、n番目より下位の観測値の割合はn%で、n番目より上位の観測値の割合は(100-n)%となります。
デフォルトでは、1番目、5番目、10番目、および50番目の百分位数が推定されます。製品寿命の終点を調べるには、より高い値を入力します。たとえば、「90」と入力する場合、90%のユニットが故障するまでの時間が推定されます。
異なる変数または水準別に表示する
グループ変数の各変数や各水準をグラフでどのように表示するかを示します。各変数のグラフを同じグラフウィンドウに重ねるか、各グラフを個別に表示できます。
X尺度の最大値と最小値
  • デフォルト値を使用する: X尺度の最大値と最小値に自動的に判断される値を使用します。
  • 使用: X尺度の最小値や最大値、または両方を入力する場合に選択します。
タイトル
グラフのカスタムタイトルを入力できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください