Anderson-Darling統計量 - 分布識別プロット(任意打ち切り)の適合度

Anderson-Darling(adj)統計量で、各分布の適合度を評価できます。実質的に、Anderson-Darling値が小さいほど、通常その分布がデータにうまくあてはまることを示しています。しかし、わずかな差がある場合、意味を持ちません。また、異なる分布で計算した値は直接比較できない場合があります。そのため、確率プロットとその他の情報も使用して分布の適合度を評価することをお勧めします。

別の推定法(最小二乗(LSXY)法)を使用する場合、Anderson-Darling統計量に加えて、ピアソン相関係数も計算されます。相関係数は、1以下の正の数です。相関係数が高いほど、一般的に分布がデータにうまく適合していることを示します。

出力例

適合度 Anderson-Darling 分布 (調整済み) ワイブル 7.278 対数正規 7.322 指数 8.305 正規 7.291

解釈

新しいマフラーデータの場合、ワイブル分布のAnderson-Darling統計量が7.278あり、その他の分布と比べて最も低い値です。しかし、この差はほとんど意味を持ちません。確率プロットを使用すると、さらに分布の適合度を評価できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください