実証試験計画で表示するグラフを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 実証 > グラフ
実証試験に合格する確率
合格の確率(POP)グラフを作成する場合に使用して、実証するパラメータの最小値を選択できます。そして、複数の値を入力する際にグラフのコンテンツを重ね合わせる方法を示します。
  • 複数のサンプルサイズ/試験時間を同じグラフに重ね合わせて表示:複数のサンプルサイズや試験時間を同じグラフに重ね合わせて表示する場合に選択します。このオプションで、サンプルサイズと時間の組み合わせごとにパーセントや比率の改善値を簡単に比較できます。
  • 複数の試験計画を同じグラフに重ね合わせて表示:複数の試験計画を同じグラフに重ね合わせて表示する場合に選択します。このオプションで、許容最大故障数の異なる値の割合と比の改善値を簡単に比較できます。
最小X尺度
X軸の尺度の最小値を変更するには、値を入力します。値を入力しなかった場合、X軸の尺度はデフォルトの最小値で表示されます。
最大X尺度
X軸の尺度の最大値を変更するには、値を入力します。値を入力しなかった場合、X軸の尺度はデフォルトの最大値で表示されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください