実証試験計画の分析のオプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 実証 > オプション
信頼水準
0~100の信頼水準を入力します。通常、95%の信頼水準が適切です。信頼水準は誤った結論に到達するリスクに影響します。
90%などの低い信頼水準では、検定に必要なサンプルサイズや試験時間を減らすことができます。しかし、システム信頼度が実際とは異なって指定した値より大きくなるという誤った結論になるリスクが上昇します。
99%などの高い信頼水準では、システム信頼度が実際とは異なって指定した値より大きくなるという誤った結論になるリスクが低下します。しかし、より大きなサンプルサイズやより長い試験時間が検定で必要になる場合があります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください