加速寿命試験の式を求める方法と計算式

寿命回帰

この回帰モデルは、故障時間分布の百分位数を推定します。

Yp = β01x + σΦ-1(p)

表記

用語説明
Yp故障時間または対数(故障時間)
β0y切片(定数)
β1回帰係数
x 予測変数値(変換される場合あり)
σ 1/形状(ワイブル分布)または尺度(他の分布)
Φ-1(p)標準化寿命分布のp番目の分位点

応答変数

分布に依存して、Yp = 故障時間または対数(故障時間)とします。

  • ワイブル分布、指数分布、対数正規分布、および対数ロジスティック分布の場合、Yp = 対数(故障時間)
  • 正規、最小極値、およびロジスティック分布の場合、Yp = 故障時間

Yp = 対数(故障時間)の場合、逆対数を取って元の尺度で百分位数を表示します。

分位点関数

誤差分布の値も選択した分布によって異なります。

  • 正規分布の場合、誤差分布は標準正規分布 – 正規(0,1)です。対数正規分布の場合、データの自然対数を取り、正規分布も使用します。
  • ロジスティック分布の場合、誤差分布は標準ロジスティック分布 – ロジスティック(0,1)です。対数ロジスティック分布の場合、データの自然対数を取り、ロジスティック分布も使用します。
  • 極値分布の場合、誤差分布は標準極値分布 – 極値(0,1)です。ワイブル分布および指数分布(ワイブル分布のタイプ)の場合、データの自然対数を取り、極値分布も使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください