加速寿命試験の標準化残差に対する確率プロット

標準化残差に対する確率プロットは、次の点を調べるのに役立ちます。
  • 加速変数の各水準での分布が適切かどうか
  • 加速変数の変換が適切かどうか
  • 加速変数の各水準における等形状パラメータ(ワイブル分布または指数分布)あるいは等尺度パラメータ(その他の分布)の仮定が適切かどうか

標準化残差に対する確率プロットはデータと組み合わせると、1本の適合線が計算されます。たった1本の適合線で、プロットされた点が適合線に緊密に従っているかどうかをより簡単に判断できます。対称的に、適合モデルに基づいている確率プロットに、各加速水準に1本という形で複数の適合線が含まれている場合があります。結果として、それぞれの線には限られた数のプロットされた点のみあり、たった1つまたは2つの観測値の不一致のために、このプロットで仮定が誤っていると示される場合があります。

  • プロットされた点が適合線に緊密に従っている場合、加速水準に対する仮定は適切です。
  • プロットされた点が適合線に緊密に従っていない場合は、仮定のいずれかまたは全部が誤っている可能性があります。

出力例

解釈

電子装置データの場合、プロットされた点は適合線に緊密に従っており、このモデルが加速水準に対し適切であるという証拠を付加的に示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください