加速寿命試験計画の区間打ち切りを定義する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 加速寿命試験 > 区間打ち切り

区間打ち切りは、あらかじめ設定した区間内に発生した故障を検査する場合に使用します。この区間は、時間または対数時間が均等になるように設定することも、各区間で発生する故障数が同じになるように設定することもできます。区間打ち切りの詳細については、打ち切りデータを参照してください。

各ストレス水準に対する検査数
最小ストレス水準から最大ストレス水準の順に、各ストレス水準の検査数を入力します。入力する値の数は、試験ストレス水準と同じ数にする必要があります。
検査時間
検査時間をどのような間隔にするかを示します。入力する値の数は、試験ストレス水準と同じ数にする必要があります。
  • 等間隔: 検査時間を等間隔にする場合に選択します。最小ストレス水準から最大ストレス水準の順に、各ストレス水準に対する最後の検査時間を入力します。
  • 等しい確率: 各区間で期待される故障の比率を同じにする場合に選択します。最小ストレス水準から最大ストレス水準の順に、各ストレス水準に対する予測故障率を入力します。
  • 等間隔の自然対数時間: 自然対数検査時間を等間隔にする場合に選択します。各ストレス水準に対する最初と最後の検査時間を入力します。最小ストレス水準から最大ストレス水準の順に、時間を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください