加速寿命試験計画の計画値を求める方法と計算式

指定された切片と傾き

尺度σ(またはワイブル形状β)、切片(β0)、および傾き(β1)が指定される場合、標準化された切片は次のようにして計算します。

標準化された傾きは次のようにして計算します。

表記

用語説明
σ指定された尺度の値
β指定されたワイブル形状の値
指定された切片の値
β1指定された傾きの値
γ0標準化された切片
γ1標準化された傾き

指定された百分位数と傾き

尺度(またはワイブル形状)、傾き、および百分位数が指定される場合、標準化された傾きと切片は次のようにして計算します。
ここで、
位置-尺度モデル(正規、ロジスティックおよび最小極値)の場合
対数-位置-尺度モデル(ワイブル、指数、対数正規および対数ロジスティック)の場合

表記

用語説明
σ指定された尺度の計画値
β指定されたワイブル形状の計画値
β0 切片
β1指定された傾きの計画値
t指定された百分位数の計画値
Φ-1(p)選択した分布の逆CDF
pストレス水準xでの故障比率
xストレス水準

指定された百分位数と切片

尺度(またはワイブル形状)、切片、および百分位数が指定される場合、標準化された傾きと切片は次のようにして計算します。

位置-尺度モデル(正規、ロジスティックおよび最小極値)の場合

対数-位置-尺度モデル(ワイブル、指数、対数正規および対数ロジスティック)の場合

表記

用語説明
σ指定された尺度の計画値
β指定されたワイブル形状の計画値
β0指定された切片の計画値
β1傾き
t指定された百分位数の計画値
Φ-1(p)選択した分布の逆CDF
pストレス水準xでの故障比率
xストレス水準

指定された2つの百分位数

尺度(またはワイブル形状)、および2つの百分位数が指定される場合、標準化された傾きと切片は次のようにして計算します。
ここで、
位置-尺度モデル(正規、ロジスティックおよび最小極値)の場合
対数-位置-尺度モデル(ワイブル、指数、対数正規、対数ロジスティック)の場合

表記

用語説明
σ指定された尺度の計画値
β指定されたワイブル形状の計画値
β0切片
β1傾き
t1指定された百分位数の計画値
t2指定された百分位数の計画値
Φ-1(p)選択した分布の標準逆CDF
p1ストレス水準x1での故障比率
p2ストレス水準x2での故障比率
x1ストレス水準
x2ストレス水準
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください