順位ロジスティック回帰で推定された係数の解釈

推定された係数の解釈はリンク関数、応答の参照事象、予測変数の参照水準によって異なります。予測変数(因子または共変量)に関連付けられた推定係数は、予測変数の1単位分の変化に対するリンク関数の変化を表し、他のすべての予測変数が固定されていると仮定します。ある因子の1単位分の変化は、ある因子の水準と参照因子水準の比較を表します。

logitリンクは推定係数の最も自然な解釈を提供するため、Minitabのデフォルトリンクになっています。解釈の要約を次に示します。
  • 事象の見込は、P(事象)とP(非事象)の比です。予測変数(因子または共変量)の推定係数は、予測変数の1単位分の変化に対するP(事象)/P(非事象)の対数の推定変化で、他の予測変数が一定であるとみなされます。
  • 推定された係数は、オッズ比(2つの見込みの間の比)を計算するためにも使用されます。因子の推定係数を累乗すると、参照因子水準と比較した特定の因子水準に対するP(事象)/P(非事象)の比が算出されます。共変量の異なる値でのオッズ比は、共変量の1単位の変化を表します。係数が0、またはオッズ比が1の場合は同じことを意味します。つまり、因子または共変量は効果がありません。

推定係数の表示を変更するには、[オプション]サブダイアログボックスで事象または参照水準を変更します。たとえば、応答が、低、中、高にコード化された場合、デフォルトの参照事象は、アルファベット順の最後に当たる中(Medium)になります。たいていの場合、参照事象に高を使用すると、結果は、より有意になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください